TWIST&EQUALビフォーアフターの別館になります。もっと自由に!もっと妄想!(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
くるくる「天教×地教×徳川さん?」
天教・地教とは、王仁三郎が言うところの
天教山(富士山) 地教山(皆神山)の事です。

地図に引いてある白いラインは天教山・地教山頂角ラインで、
ライン上にあれば富士山・皆神山からも同じ距離になります。
富士皆神頂角ライン大山祇神社.jpg
今まで数え切れないくらいのポイントを作ってきたので、
(偶然かもしれませんが)このラインに重なる・ほぼ重なるポイントが、
いくつかありました。

その前にまず
今回の初登場組からご紹介

瀬戸内海の大三島にある「大山祇神社」から
→富士山 538.128907km
→皆神山 538.343115km 
誤差0.04%でかなり小さいです。
全国の山祇神社、三島神社の総本社だといわれています。
「山」の神、海の神、戦いの神らしいので、
富士山 皆神山の頂角にふさわしいのかもしれません。

このほかにも3つほどポイントがありましたが、
かなり“偶然っぽい”匂いがするようなメンバーです。
ただしひとつの共通点があって、
3つとも『徳川』と関係があります。
富士皆神頂角ライン3ポイント.jpg

ひとつめは「関ヶ原」です。
この地で「天下分け目の戦い」が行われ、その勝利によって、
徳川家が天下を統べる事が決まったと言えるかもしれません。
これまでも関ヶ原は何度か登場していました。
関ヶ原4ライン拡大.jpg
第1ブログEQUALJAPANの「EQUAL富士鳴門×権力のライン?」では、
富士山からも鳴門海峡中心からも同じ距離になるラインが、
関ヶ原を通っていました。
(地図上の青いライン)
第3のブログ (M)SUN×(S)MOON にも、関ヶ原が出てきました。
M「関ヶ原」と「てんびん東照宮」M では、
「日光東照宮―京都御所ししんでんライン」(赤いライン)
伊勢内宮・日光・出雲大社を結んで出来る角度を「2等分したライン」(緑色)が
どちらも関ヶ原を通っていました。
最初、富士鳴門関係で「関ヶ原」が出てきた時は、
「偶然かもなぁ」と思いましたが、
富士鳴門と続いて、富士山皆神山にも関係してるのは、
偶然にしては出来すぎに思えます。
「富士鳴門・天教地教山(+日光京都・伊勢出雲)を考慮して関ヶ原を選んだ」
なんて言ったら、歴史学者には笑われちゃうんでしょうが…
(頂角が2つ、ラインが2本通る関ヶ原)
関ヶ原4ライン.jpg

ふたつめは「日光江戸城△の重心」です。
このブログのPLUS「かごはらのなかの」に出てきたポイントです。
籠原正三角形.jpg
「日光東照宮」「江戸城天守閣跡」「山の中にある第3点」の三角形の重心です。
重心にも別に注目するような建物は無いんですが…
そんな重心が「天教山・地教山頂角ライン」にあります。
「いかにも偶然」の重心魔方陣に何を×ても(かけても)、
その答えは「偶然」だと思いますが、
「EQUAL大本と日月神示と徳川と奥州藤原氏と、物部と」では、
天之日津久神社と「富士・皆神山・日光」の関係みたいのを取り上げていました。
今回はそのパート2と言えるかもしれませんが…?
(日光江戸城の重心が2つの頂角になってる画像)
富士皆神江戸城日光頂角.jpg

みっつめは「江戸城真北ライン」です。
このラインは江戸城の正確な真北ですから、
「天教山地教山頂角ライン」の軌跡を見れば、交差するのは当然です。
しかしクロスした位置の近く(東方に290m)に
「富士山」「皆神山」で正三角形と作る時、「第3点」になるポイントがあります。
江戸城真北富士皆神第3点.jpg
かなり強引と言うか、ほぼコジツケの世界ですが、
地図上のラインを見るとなんとなく意味ありげに見えるような…?
この真北ラインは第3のブログの「M(日光×江戸)南北ラインM」に出てきましたが、
その時は2つのラインに補強される形で登場してました。
今回もなんとなく中途半端な形での参加です。
距離などの関係を探ってみましたが判りませんでした。

徳川という共通点があるといっても、かなり無理無理な魔方陣ですが、
徳川(+そのバック勢力)と大本(王仁三郎)の深い関係というか、
根っこは同じなのかもしれないと“自由妄想”させてくれる魔方陣でした。

別窓 | 大本・日月・錦之宮 魔方陣 |
| ●PLUSWORLD●●くるくるエイジア● |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。