TWIST&EQUALビフォーアフターの別館になります。もっと自由に!もっと妄想!(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
くるくる「物部封じ?by 聖徳太子」
今年2007年のねぶた大賞『聖人 聖徳太子』 

なんともオモシロそうなタイトルですが、
単なる偶然と思われても仕方ないので、
EQUALJAPANじゃなくて、こっちのブログで発表。

仏教の輸入に関して、
聖徳太子(仏教派?)と物部守屋(神道派?)の戦いがありました。
太子が「この戦いに勝ったら、寺院を建てます」と誓いを立てて、
四天王の像を頭にくくりつけて戦った、って話は有名です。
対する物部守屋は、
「物部の布都大明神の矢」と唱えて矢を放ったそうです。
その矢は太子に当たりましたが、
よろいにはね飛ばされます。
その後、太子の矢が守屋に当たって、物部軍は勢いを失い、
太子側の勝利に終わりました(聖徳太子伝略より)
この争いによって物部氏自体も歴史の闇に消えていった感じで、
悲しいというかなんというか、キビシイ結末ですね。

この伝説を魔方陣にスライドさせてみました。
この戦いによって生まれた寺が大阪の「四天王寺」
「物部の布都大明神」は天理市の「石上神宮」って事になるんでしょうか?
ラインで結んでもイマイチわからなかったので、
このムラサキラインを東に延長すると
四天王寺→石上神宮→連結.jpg
おぉ!伊勢神宮!
だったらビックリですが、
伊勢内宮から750m離れてラインは走ってました。
ちょっと遠すぎますが、ちょっと面白い事を発見。
Googlemapでは伊勢内宮の敷地?が灰色で塗り分けられてて、
これが伊勢内宮の敷地らしいです。
四天王寺→石上神宮 伊勢敷地.jpg
「スレスレ伊勢内宮」って感じです。
以前「スレスレ牛頭天王」ってありましたが、ちょっと似てるのかな?

イマイチハッキリしなかったので、
「四天王寺→伊勢内宮(本殿)」を結んでみました。
四天王寺内宮 石上神宮神社連結.jpg
石上神宮の200mくらい北側を水色ラインが通ってます。
思わず「四天王寺→石上神宮→伊勢内宮は一直線なのだぁ!」
と言いたい気もしますが、どんなもんでしょう??
そのかわり石上神宮の元宮と言われる「石上神社」を
ラインはかすめています。
「四天王寺→石上“神社”→伊勢内宮は一直線」
と言ってもいいくらいの誤差だと思います。

続いて「石上神宮―伊勢内宮」の赤いラインを引いて、
それを西側に延長すると、四天王寺の300mくらい南にたどり着きました。
←石上神宮←伊勢内宮 四天王寺連結.jpg

3本のライン全部、イマイチな結果でしたが、
このまま続けてみます。
ところで聖徳太子で有名なポイントはもうひとつあります。
奈良の「法隆寺」です。太子が直接建立したのはこの二寺だけで、
他の寺は「ゆかり」の場所だと書いてありました。
(いつものように「Wiki」の情報)

法隆寺→石上神宮ラインをさっきのように延長。
伊勢に入ってラインの通る位置に「月読宮」がありました。
法隆寺→石上神宮→ 月読宮連結.jpg
式年遷宮のために南北に2つ敷地がありますが、
その間をラインが通ってます。月読宮の規模からみても、
「法隆寺→石上神宮→月読宮」と言えそうですが、
「単なる偶然」とも言えます(笑)
この黄色いラインは内宮より外宮に近いようなので、
試しに「法隆寺―伊勢外宮」のラインも引いてみました。
法隆寺外宮 石上神宮神社連結.jpg
石上神宮の140mくらい北に緑のライン。
「四天王寺→内宮」よりは近いですが、一直線とはいえません。
しかし石上“神社”を見ると、またまたスレスレにありました。
さっき「四天王寺→石上“神社”→内宮」と書きましたが、
こっちも「法隆寺→石上“神社”→外宮」と言えそうな近さです。

たくさんラインを引きましたが、ビミョウな結果でした。
これだと聖徳太子が魔方陣(石上神宮)を意識して、
二つの寺を建てたとは言いがたいです。
第一「四天王寺・伊勢内宮」「法隆寺・外宮」と組み合わせる
必然性?が見つからないので、かなり根拠の弱い魔方陣だといえます。
「し“てんのう”」≒「アマテラス」
それを補佐する「摂政」≒「豊受の神」
とか結び付ける事も可能ですが (このブログの中では、笑)
おおざっぱな配置では、
「聖徳太子の寺」「物部氏の氏神」「やんごとなき伊勢神宮」が並んでいます。
この3つを「一直線」だと見なしたら、
「やんごとなき一族」「物部氏」「聖徳太子(≒蘇我氏)」が
“仲良く”ならんで繋がってます、と考えても良いんでしょうか?
2つの寺が建ったのは、物部との戦いの後です。
魔方陣が「オカルティックな兵器」のひとつなら、
2つの陣営が物部の神をハサミウチにして、
「監視してる」「封じてる」とみたほうが自然に思えます。
それで今回、「物部封じ?by 聖徳太子(+やんごと勢力)」
というタイトルをつけました (だいぶ「名前負け」な感じですが)
ほとんど知名度の無い「石上神社」が隠れた重要ポイントだったら、
ちょっとはリアリティ増すと思いますが…それは無いでしょうね。

最後にひとつ気づいた事を
石上神宮神社.jpg
この2本のラインが石上“神社”をかすめてましたが、
天理教の馬鹿でかい神殿も包み込むように走ってるのに気づきました。
天理教 石上神宮.jpg
もしかしたら天理の神も、この2本のラインを意識してた??
またまた懲りずに、こんな妄想も浮かんでしまいました…
PS
ミラクルマジカルEQUALJAPANの最初の記事
なにげなく載っけた写真 よく見たら、
聖徳太子と物部守屋の一騎打ちのネブタでした。
この記事の一番上も同じ写真です。
どっちの武者も立派で、悪役には見えませんよね。
今年2007年のねぶた大賞『聖人 聖徳太子』 

別窓 | 魔方陣 |
| ●PLUSWORLD●●くるくるエイジア● |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。