TWIST&EQUALビフォーアフターの別館になります。もっと自由に!もっと妄想!(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
PLUS「かごはらのなかの」
ちょっと面白い偶然?
偶然じゃなかったらかなりオモシロ怖いんですが…

埼玉県の熊谷市と深谷市の境目に、
「籠原駅」というJR高崎線の駅があります。
普通だったら「籠原」という地名があったから、
駅名を「籠原」にした、と思います。
でもwikiによると、
『この付近に「籠原」の名称は近隣に全く存在しなかった。
当初地名から「新堀駅」と名づけられるはずであったが、
東京都の日暮里駅と混合される恐れが出てきたため、
かつて付近に存在した宿場町の名称から籠原駅と名づけられた』
らしいです。そして全くのゼロだった地名が、区画整理の結果、
2007年10月「籠原南一丁目」「籠原南二丁目」「籠原南三丁目」に
地域変更までされて、駅の北側も将来、籠原になるそうです。
そして「籠原」とついた店名もたくさん増えたらしくて、
お隣の深谷市まで侵入しそうな勢いです(笑)
籠原.jpg

ところで、
地図には幾何学的に3本のムラサキラインが走ってます。
3本の交差するポイントは籠原駅から3.4kmぐらいの距離、
一番近いアイコン「ケーヨーデイツー籠原」でも1.9km離れてます。
籠原は熊谷市、クロスポイントは深谷市と違う市ですが、
このポイントも昔々は「籠原」だったんでしょうか?
万一、そうだったら面白いんですが…

青い正三角形は「日光東照宮奥の院」「江戸城天守閣跡」「第3点」で出来ています。
さっきのムラサキラインの交差ポイントはこの三角形の中心にあたります。
籠原正三角形.jpg
この正三角形の第3点は長野県の「佐久穂町」「小海町」の境あたりです。
普通の山みたいで特別な建造物もありません。
籠原正三角形第3点.jpg

こんな感じでちょっと信用置けない正三角形ですが、
今までもポイントが2つしか無いのに正三角形を作って、
推理をしてきているので、(「天教山×(地教山+地教山)魔方陣」など)
今回もこの方法でやってみました。

最近テレビなんかで
「カゴメカゴメ」と「日光」が関係ある、
って話をチョクチョク聞きます。
何で関係あるのかは、ぼやかしてますが、
埋蔵金なんかを絡めて面白おかしく話題にしてます。
徳川のヒミツの暗号だとすれば、日光以外だったら、
江戸城だろうなぁ…極めて素直な僕は(笑)そう考えました。
そして出来上がった日光と江戸城の正三角形の中心に、
正確には中心のすぐ隣りに「籠」原があるなんて、良く出来た話だなぁと思いました。
(この三角形を重ねたカゴメ、六芒星でも中心は同じポイントです)
それも完全に消えていた地名を掘り起こした結果です。
交差ポイントはレッドクロス系施設の北北西340mあたりなんですが、
個人情報保護法に引っかかるので(笑)拡大はしません。
「レッドクロス」って事はあの一族の縄張りだなぁ…とか考えつつ話を続けると、
もちろんこのクロス地点に埋蔵金があるとは思いません。
もともとの地名は「籠原(こもりはら)」という説もあるらしくて、
わざわざ「カゴ」に変えた可能性まであります。
そんな感じでなんとなく引っかかるというか、
単なる偶然じゃないような気がしています。
その反面、
加門さんによれば「鉄道」こそ、やんごとなき一族が
国を統べるために使ったマジカルアイテムらしいのに、
徳川のヒミツをアシストするような事するのかな?と思ったりして、
長々と書いても軸がしっかりしてない魔方陣です。

そんな感じですがもうちょっと続けます。
「第3点」「日光」を拡大しても、イマイチピンと来ません。
でも江戸城天守閣跡を拡大すると面白いものが…
籠原正三角形江戸城.jpg
「武道館」「東京ドーム」のまさに建物のど真ん中(まん真ん中)をラインが通ってます。
(Earthの写真の位置は実際の位置と微妙にずれてるようですが、
さすが東京の中心部はほとんど一致するようです)
東京ドーム武道館.jpg
残る一本のブルーラインは残念ですが、意味を見つけられませんでした。
ところでドーム武道館の写真には水色のラインも引いてあります。
こっちも4つの建物の「中央」を突っ切るラインです(加門七海さんの発見)
籠原正三角形江戸城やんごと.jpg 籠原吹上やんごと.jpg
「武道館」と「東京ドーム」が別々のラインで、
「やんごとなき場所」と「正三角形」につながってます。

やっぱりなんかあるのかな?と個人的には気持ちが傾いてきたんですが、
わかったようで、イマイチ良くわかんない結果でした。
(わざわざ読んでくださった皆さん、ごめんちゃい)
それなのに、こっから勝手な妄想の始めてみたいと思います。

明治新政府はこの魔方陣を解いちゃいました。
そこでこれを弱体化させる方法を考えました。
実際に籠原と呼ばれていたのはラインのクロス地点だったのに、
その「ギリギリ隣りに」「フェイクの」籠の中央を作ってみました。
そして江戸城から日光ヘ向かうライン、
ホントの籠の中央に向かうラインを封じる為に
「やんごとなき場所→吹上のやんごと→武道館→東京ドーム」という
結界を敷いてみました。
そのうえ微妙にズラした「籠原」を広める事によって、
「徳川」の籠の中心をアヤフヤな立場にしていきました。
テレビを使って「日光」と「カゴメカゴメ」が関係ある事もみんなに伝え始めます。
念には念を入れて目の前に「やんごと系とつながりの強い」
レッドクロス系の建物まで建ててみました…


ぼくは魔方陣を「防波堤」じゃなくて「秘密のつながり」と考えてるので、
「結界」という言葉はあんまり使いたくないんですが…
やっぱり徳川は憎いと思うんで、つながりをきっちゃう「結界」はあるのかもしれません。
最初に書いたとおり、「籠原」と「籠の中心」は違う市です。
いくら籠原が広まっても、市境は越えられないでしょう。
目の前まで来てるのに、永遠に自分の位置が「籠原」になる事は無い。
これはなんて名前の拷問ですか?

最初は面白楽しく書いてたんですが、
だんだん暗い気分になってきました(笑)
「埋蔵金を探せ」って感じで、
もっとドキドキするような結果になると思ったら、
こんな怖い妄想までしちゃって自分でも驚いています。
この説が正しければ、クロスポイントには、
何か神社とかあっても良いと思いますが別に無いようです。
この地の歴史もほとんどわかりませんでした。
(「籠原」が新しい地名なので、ここらの情報が集めにくかったのも事実です)
偶然の可能性も高いですが、
ドーム武道館の中心を通ってるのはやっぱり気になります。
青い正三角形には黄色いアイコンが6つあります。
六芒星を描こうと思って、やめちゃった名残です(笑)
疲れちゃったし、正三角形も六芒星も中心は同じだからいいやと思いました。
でももしかしたら、星の先っちょに不思議な寺社があるかもしれないんで、
もう一度チャレンジするかも(たぶんしないかも、笑)
今回は時計で言えば「日光=12時」「江戸城=4時」「第3点=8時」の正三角形でしたが、
「江戸城=8時」で「第3点=4時」の正三角形も可能です。
(第3点には何も無くていいので、自由に作れます)
さらに「日光=12時」「江戸城=2時」の位置になる六芒星もありえます。
(そうすればさっきの第3点がカゴメの中心?)
方位角を使えば意外と簡単に引けるかもしれないので、ちょっとやってみようかな。

自分でも確信持てない話なのに、ここまで読んでくださった皆さん、
ありがとうございました。
おつかれさまでした。
また会う日まで!(笑)

別窓 | 魔方陣 |
| ●PLUSWORLD●●くるくるエイジア● |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。