TWIST&EQUALビフォーアフターの別館になります。もっと自由に!もっと妄想!(笑)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
くるくる「せんとくん」
大預言をします。
将来、日本の首都は宮城になります!
多分そうなると思います…(いきなりトーンダウン、笑)
いろんな面から見ていきます。
(11/15、かなり改訂)

魔方陣方面から
京都から江戸へ首都が移ったわけですが、
京都のししんでんからやんごとなき場所にラインを引いてみました。
そして京都を中心にしてそのラインを、
反対側にパタンと倒してみました。
ウラ東京長州.jpg
山口県の端のほうですが、ここも立派な「長州」だと思います。
ポイントの東方3kmに「秘密尾」って地名があるんですが、
かなり不思議な地名ですね。
またラインの延長線は山口県(長州)の端から端までを通ってます。
そういえば「山口県」って昔から「西の京」って言われてましたよね。
明治になってその本当の意味が解かれた、なんちゃって…
ウラ東京長州拡大.jpg

薩長の努力の結果、明治という時代が迎えられたのは、
間違いない事実です。他にも朝廷サイドについた藩はありましたが、
この二藩が中心ってイメージです。
地形的に見れば、京都を中心に「東京(江戸)」「山口(長州)」が
バランス取れた位置にいることになります。
京都が江戸をやっつける為に使ったのが、
正反対にいる「長州」だったなんて良く出来た話です。
となると、もうひとつの「薩摩藩」は?
(島がいっぱいある鹿児島県ですが、今回は本土だけで調べてみました)
鹿児島県の四端を京都を中心にパタンと倒してみると、
ウラ宮城薩摩.jpg
宮城県の半分以上が含まれるラインになりました。
太平洋や福島県も含まれますが、中心地の仙台は「ウラ薩摩」の範囲です。
鹿児島県じゃなく「薩摩藩」と考えると、
現在の宮崎県西南部も含まれるそうなので、
宮城県南部まで「ウラ薩摩」が広がります。
(もしかすると宮城県スッポリ全部?)
宮城鹿児島.jpg
だから「東京の次が宮城」なんて馬鹿げてると思いますが、
もうちょっと続けます。

県名方面から
「宮城、宮城」って違和感無く書いてますが、
明治・大正、昭和中期までの人はちょっと違ったと思います。
なぜから現在「KOUKYO」のある場所も「宮城」と呼ばれていたからです。
(読みは「KYUJO」ですが)
ここでWiki様による「KOUKYO」改名の歴史
* 1868年(明治元年) 江戸城が東京城と称される。
* 1869年(明治2年) 東京城が皇城(こうじょう)と称される。
* 1888年(明治21年) 宮城(きゅうじょう)と称された。
調べると第二次世界大戦までそう呼ばれてたそうです。
戦争をイメージさせる「城」は使えなかったので改名したんでしょうか。
(って事は戦争に負けてなきゃ現在も「宮城」?)
宮城県の方は廃藩置県の時に改称したそうなので1871年頃かな。

つまり先に命名されたのは「宮城県」の方だったんです。
いきなり同じ名前になってしまって不安を覚えた宮城県の人が、
お伺いを立てるとなんと、OKが出たそうです。
そんな「宮城県」改名の理由は色々あるそうですが、
幕末に朝廷側につかなかった罰、ペナルティの面もあるようです。
「県名と県庁所在地名が同じ県、違う県」
「藩命が県名になった所、群名が県名になった所の差」などです。
はっきり言いづらいですが「仙台県」じゃなくて「宮城県」って事は…
そんな「宮城県」と「宮城」
勝手な妄想ですが、わざと同じ漢字を使ったんじゃないでしょうか。
京都を中心に薩摩とコントラストを成す位置関係だったから。

こんな事を書いてますが、
「たかが魔方陣ごとき」に導かれて日本の歴史が動いてるわけない、
と思う方もいると思います。
僕自身も魔方陣は目に見えやすい一例で全体の一部だと思ってます。
「日本の進むべきロードマップのようなもの」があって、
それに沿って日本の進路を決めてる?
なんて事を書くとちょっと妄想がすぎるかもしれません。
(でも「聖徳太子の預言」みたいなのもありましたよね)
秀吉は家康潰しのために「江戸左遷」が行いましたが、
魔方陣を見てると江戸の地は、
将来日本の首都となるべきニューフロンティアだったと思えてきます。
熊野系を中心にしかれた魔方陣を加門さんは発見なさいましたが、
宇佐神宮と江戸を結ぶ何本ものラインもありました。
江戸の守護地「日光」も東京だけじゃなく西日本とも結びついてました。
江戸がただの湿地帯だった時から、魔方陣は敷かれてた事になります。
見えないロードマップの実行部隊はすでに秀吉を見限っていて、
そのうえで秀吉に江戸左遷を進言できる立場にいた人物?
それが誰だかわかりませんが、思惑通り江戸の開拓が始まり、
京都の次が出来上がりました。
そんな感じで地名決定も昔々から見えないロードマップによって
先手先手が打たれてたかもしれません。
そんな妄想が無理あるとしても、
わざわざ「宮城県」にあわせたのは、
千代田区一丁目の「宮城」の方なので、
ナニか作為的なことがありそうだ、と想像は出来ます。
ちょっとキツイ説ですが、好き勝手に続けます。

県知事方面から
「宮城県と宮崎県、良く間違われるんですよ」
大人気の「そのまんま知事」がおっしゃいました。
そんな間違いする人いるのかな?と思いましたが、
続けて、
「これを機会に両県の交流が出来れば…」
確かこんな発言をしたと思います。
これを聞いてなんとなく心に引っかかりました。
宮城県はちょっと前に別の県と交流を始めていたのを思い出したからです。
「三重県」です。
宮城県が「うまし国」と言うキャッチフレーズで
キャンペーンを始めようとしたらしいです。
それに待ったをかけたのが本家「うまし国」の「三重県」です。
あれこれあって両県の交流でお互いがんばりましょう、
って事になったんですが、
「宮崎」と「三重」
やんごとなき一族と縁の深すぎる二県だと思いました。
(やんごと系のホームグラウンドは「京都」ですが、
そこはあくまで「軸」で、「東京」や「西の京」は存在しても、
「京のミヤコ」は世界にひとつなんだと思います)
東北の宮城県と九州の宮崎県を間違う人もいないと思います。
「うまし国」騒動も二県をつなげる為の猿芝居だったんじゃないでしょうか。
小さな3面記事的な出来事ですが、
すでに宮城県の「やんごとなき化」が始まってるのかも…なんて思いました。
これから宮城県と「三重県&宮崎県」の交流・つながりは、
想像より大規模に進んでいくと“預言”します。

環境方面から
地球温暖化が進んでるようで、
世界中が危機感を持ってるらしいですけど、
東京も温暖化が進んでるらしいですね。
マラリア発生も時間の問題?なんて物騒な話も聞きます。
もしそうなったら、あんな巨大なお堀はいつまで存在可能なんでしょうか。
都心の中心にある巨大な森も同じです。
関東よりは東北の方が温暖化の影響は小さいと思います。
東京の「森の都」が宮城の「杜の都」へ
幼稚な言葉遊びみたいですが、だったら東京の真ん中に森を作った理由は?
誰も答えは出していないはずです。
京都の中心部も江戸城も、こんなたっぷりの森に囲まれた時代はありませんよね。

こんなの妄想かもしれませんが、
未来に宮城県に遷都した時はこの記事を思い出してください(笑)
こんなに一極集中した東京から機能移転するなんてリアリティないですが、
やんごとなき一族だけが移動なら可能だと思います。
以前から「宮城と宮城県」は気になってたんですが、
京都を軸に薩摩の反対側に宮城県があった事を知って、
ちょっと調子に乗って長々と書いてみました。
ちょっと思いついたんですが、
「九条を絶対守ろう!」ってスローガンがありますが、
音的にみると「宮城を絶対守ろう !?」でも良いんですね。
一種の「言霊作戦」だったりして…
以前同じようなのを思いついたもんで。
(国民があちこちの都道府県で体育やったりするヤツ)
これもこれから妄想していくかもしれません。

でもあくまで「軸は京都」と考えてる気配ですね。
『日本古来の伝統的な考え方によると、
高御座のあるところが天皇の正式な在所であり、
そこが本来の皇居だとする見方が存在する』
いつものようにwikiの丸写しです(笑)
東京に移ろうが宮城に引っ越そうが、やんごとなき魂は京のミヤコにある、
って事なんでしょうか…

スポンサーサイト
別窓 | 妄想系 |
PLUS「かごはらのなかの」
ちょっと面白い偶然?
偶然じゃなかったらかなりオモシロ怖いんですが…

埼玉県の熊谷市と深谷市の境目に、
「籠原駅」というJR高崎線の駅があります。
普通だったら「籠原」という地名があったから、
駅名を「籠原」にした、と思います。
でもwikiによると、
『この付近に「籠原」の名称は近隣に全く存在しなかった。
当初地名から「新堀駅」と名づけられるはずであったが、
東京都の日暮里駅と混合される恐れが出てきたため、
かつて付近に存在した宿場町の名称から籠原駅と名づけられた』
らしいです。そして全くのゼロだった地名が、区画整理の結果、
2007年10月「籠原南一丁目」「籠原南二丁目」「籠原南三丁目」に
地域変更までされて、駅の北側も将来、籠原になるそうです。
そして「籠原」とついた店名もたくさん増えたらしくて、
お隣の深谷市まで侵入しそうな勢いです(笑)
籠原.jpg

ところで、
地図には幾何学的に3本のムラサキラインが走ってます。
3本の交差するポイントは籠原駅から3.4kmぐらいの距離、
一番近いアイコン「ケーヨーデイツー籠原」でも1.9km離れてます。
籠原は熊谷市、クロスポイントは深谷市と違う市ですが、
このポイントも昔々は「籠原」だったんでしょうか?
万一、そうだったら面白いんですが…

青い正三角形は「日光東照宮奥の院」「江戸城天守閣跡」「第3点」で出来ています。
さっきのムラサキラインの交差ポイントはこの三角形の中心にあたります。
籠原正三角形.jpg
この正三角形の第3点は長野県の「佐久穂町」「小海町」の境あたりです。
普通の山みたいで特別な建造物もありません。
籠原正三角形第3点.jpg

こんな感じでちょっと信用置けない正三角形ですが、
今までもポイントが2つしか無いのに正三角形を作って、
推理をしてきているので、(「天教山×(地教山+地教山)魔方陣」など)
今回もこの方法でやってみました。

最近テレビなんかで
「カゴメカゴメ」と「日光」が関係ある、
って話をチョクチョク聞きます。
何で関係あるのかは、ぼやかしてますが、
埋蔵金なんかを絡めて面白おかしく話題にしてます。
徳川のヒミツの暗号だとすれば、日光以外だったら、
江戸城だろうなぁ…極めて素直な僕は(笑)そう考えました。
そして出来上がった日光と江戸城の正三角形の中心に、
正確には中心のすぐ隣りに「籠」原があるなんて、良く出来た話だなぁと思いました。
(この三角形を重ねたカゴメ、六芒星でも中心は同じポイントです)
それも完全に消えていた地名を掘り起こした結果です。
交差ポイントはレッドクロス系施設の北北西340mあたりなんですが、
個人情報保護法に引っかかるので(笑)拡大はしません。
「レッドクロス」って事はあの一族の縄張りだなぁ…とか考えつつ話を続けると、
もちろんこのクロス地点に埋蔵金があるとは思いません。
もともとの地名は「籠原(こもりはら)」という説もあるらしくて、
わざわざ「カゴ」に変えた可能性まであります。
そんな感じでなんとなく引っかかるというか、
単なる偶然じゃないような気がしています。
その反面、
加門さんによれば「鉄道」こそ、やんごとなき一族が
国を統べるために使ったマジカルアイテムらしいのに、
徳川のヒミツをアシストするような事するのかな?と思ったりして、
長々と書いても軸がしっかりしてない魔方陣です。

そんな感じですがもうちょっと続けます。
「第3点」「日光」を拡大しても、イマイチピンと来ません。
でも江戸城天守閣跡を拡大すると面白いものが…
籠原正三角形江戸城.jpg
「武道館」「東京ドーム」のまさに建物のど真ん中(まん真ん中)をラインが通ってます。
(Earthの写真の位置は実際の位置と微妙にずれてるようですが、
さすが東京の中心部はほとんど一致するようです)
東京ドーム武道館.jpg
残る一本のブルーラインは残念ですが、意味を見つけられませんでした。
ところでドーム武道館の写真には水色のラインも引いてあります。
こっちも4つの建物の「中央」を突っ切るラインです(加門七海さんの発見)
籠原正三角形江戸城やんごと.jpg 籠原吹上やんごと.jpg
「武道館」と「東京ドーム」が別々のラインで、
「やんごとなき場所」と「正三角形」につながってます。

やっぱりなんかあるのかな?と個人的には気持ちが傾いてきたんですが、
わかったようで、イマイチ良くわかんない結果でした。
(わざわざ読んでくださった皆さん、ごめんちゃい)
それなのに、こっから勝手な妄想の始めてみたいと思います。

明治新政府はこの魔方陣を解いちゃいました。
そこでこれを弱体化させる方法を考えました。
実際に籠原と呼ばれていたのはラインのクロス地点だったのに、
その「ギリギリ隣りに」「フェイクの」籠の中央を作ってみました。
そして江戸城から日光ヘ向かうライン、
ホントの籠の中央に向かうラインを封じる為に
「やんごとなき場所→吹上のやんごと→武道館→東京ドーム」という
結界を敷いてみました。
そのうえ微妙にズラした「籠原」を広める事によって、
「徳川」の籠の中心をアヤフヤな立場にしていきました。
テレビを使って「日光」と「カゴメカゴメ」が関係ある事もみんなに伝え始めます。
念には念を入れて目の前に「やんごと系とつながりの強い」
レッドクロス系の建物まで建ててみました…


ぼくは魔方陣を「防波堤」じゃなくて「秘密のつながり」と考えてるので、
「結界」という言葉はあんまり使いたくないんですが…
やっぱり徳川は憎いと思うんで、つながりをきっちゃう「結界」はあるのかもしれません。
最初に書いたとおり、「籠原」と「籠の中心」は違う市です。
いくら籠原が広まっても、市境は越えられないでしょう。
目の前まで来てるのに、永遠に自分の位置が「籠原」になる事は無い。
これはなんて名前の拷問ですか?

最初は面白楽しく書いてたんですが、
だんだん暗い気分になってきました(笑)
「埋蔵金を探せ」って感じで、
もっとドキドキするような結果になると思ったら、
こんな怖い妄想までしちゃって自分でも驚いています。
この説が正しければ、クロスポイントには、
何か神社とかあっても良いと思いますが別に無いようです。
この地の歴史もほとんどわかりませんでした。
(「籠原」が新しい地名なので、ここらの情報が集めにくかったのも事実です)
偶然の可能性も高いですが、
ドーム武道館の中心を通ってるのはやっぱり気になります。
青い正三角形には黄色いアイコンが6つあります。
六芒星を描こうと思って、やめちゃった名残です(笑)
疲れちゃったし、正三角形も六芒星も中心は同じだからいいやと思いました。
でももしかしたら、星の先っちょに不思議な寺社があるかもしれないんで、
もう一度チャレンジするかも(たぶんしないかも、笑)
今回は時計で言えば「日光=12時」「江戸城=4時」「第3点=8時」の正三角形でしたが、
「江戸城=8時」で「第3点=4時」の正三角形も可能です。
(第3点には何も無くていいので、自由に作れます)
さらに「日光=12時」「江戸城=2時」の位置になる六芒星もありえます。
(そうすればさっきの第3点がカゴメの中心?)
方位角を使えば意外と簡単に引けるかもしれないので、ちょっとやってみようかな。

自分でも確信持てない話なのに、ここまで読んでくださった皆さん、
ありがとうございました。
おつかれさまでした。
また会う日まで!(笑)

別窓 | 魔方陣 |
くるくる「わたしたちはPanasonicです」
本家ブログで伊勢内宮と出雲大社の
頂角になるものを探したりしましたが、
今回は単刀直入に、
伊勢内宮と出雲大社を結んだ
「伊勢内宮―出雲大社ライン」についてです。
世界的企業まつしt じゃなくて「Panasonic」がライン上にありました。
Panasonic.jpg

真ん中の黄色いラインが伊勢内宮と出雲大社本殿を結んだラインです。
上下の黄色いラインが神社の敷地全体を結んだ「伊勢出雲ベルト」になります。
ちなみにPanasonic本社から
→伊勢内宮 110.744661km
→出雲大社 273.037044km
比率は「 2 :4.9309…」 ほぼ「2 : 5」のようです。
世界的企業がそんなオマジナイのようなことをしてるわけ無いと、
おっしゃる方もいると思いますが、
そんなオマジナイのような事を「やってるらしい?」というのが、
僕なりの結論です。以前見つけたものですが、
世界の「トヨタ」と「SHARP」亀山工場の魔方陣です。
トヨタSHARP.jpg
神社というより「三種(二種)の神器」を意識してるようです。
トヨタは「八咫鏡」を頂角に「天叢雲剣」と誤差0.971%の二等辺三角形
SHARP亀山工場は自身を頂角に2つの神器と誤差1.251%
頂角 89°21′12.68″(10進法で89.35…度)の、
ほぼ直角二等辺三角形を形成してます。
「そんなの偶然だ」と言われれば返す言葉はありませんが、
それを証明する為にコツコツ証拠固めを続けてます。

ところで「トヨタ」の魔方陣は誤差0.971%の二等辺
頂角18.1339度の二等辺三角形なんですが、
「Panasonic」も誤差2.054%の二等辺
頂角の角度「18.8124…度」の魔方陣を持ってるようです。
(二等辺というには微妙な誤差ですが)
トヨタPanasonic.jpg
伊勢内宮→Panasonic本社           110.744661km 方位角 287°08′31.22″
伊勢内宮→京のやんごとなき場所(シシンデン) 108.516093km      305°51′15.90″
頂角「18°48′44.68″」(18.8124…度)
2つの頂角の角度は誤差3.7416%です。
「魔方陣」というものが、まだ市民権?を得てないのに、
このような事を書くとますます胡散臭くなるんですが、
いつものように書いちゃいます。
現在、世界的企業になったトヨタとPanasonicが、
伊勢内宮と頂角にして、
一方は「熱田神宮」 もう一方は「京のやんごとなき場所」と結びついて、
ほぼ相似形な2つの二等辺三角形を描いてる?
その意味で2つの企業はクローンだといえるかもしれない?
この2つがつながってるなんてピンと来ませんが…

ネットでちょこっと調べると、Panasonicは1933年7月に本店移転、
トヨタは1938年に「挙母工場」ができて、その隣りに現在のトヨタ本社があります。
panasonicのHPを見ると、ここに本社を移す際には、
「ここは大阪の鬼門」なので悩んだみたいな事を書いてましたが、
伊勢出雲ライン上、そのうえ京のミヤコとまでつながるなら、
そんなのは些細な事だと“魔方陣的には”思います。

大阪から世界企業になった「Panasonic」ですが、
大阪のシンボルと言えば…?
タイガースとか色々あると思いますが、
やっぱり「大阪城」だと思います。
もともと石山本願寺の本拠地で宗教的な土地だったようです。
魔方陣的に見ても、
大阪城は「宇佐神宮」と「江戸城」を結んだラインのほとんど中央にあります。
宇佐神宮大阪城江戸城魔方陣(妄想つき)
その天守閣と「石清水八幡宮」を結んだラインもPanasonicの敷地内を通ります。
大阪城石清水伏見稲荷.jpg
松下時代に「M」と破魔矢を組みあわせたシンボルマークを使ってたそうですが、
それは「石清水八幡宮」の破魔矢だったと、HPの社史にありました。
「大阪のシンボル」「自分の信仰していた神社?」も意識して、
本拠地を定めたのかもしれません。
また「阿弥陀如来は八幡神の本地仏」って事から、
「本願寺≒八幡宮」って等式もありえます。
(「阿弥陀が峯」に葬られた秀吉も「阿弥陀仏」を意識してるらしいです)
このラインを東北に伸ばすと「稲荷山」です。
伏見稲荷大社の御神体といえる山です。
「商売の神、イナリ」のチカラも期待してる可能性もあります。
伏見Panasonic.jpg

Panasonicの事を調べていたら、
「電工が東京に本社移転しようとしてたので、
それを阻止する為に本社が取った行動が、
電工の子会社化だった」なんてことが書いてありました。
(2ちゃんねるに、笑)
Panasonicもトヨタも本拠地を移す気配はありませんが、
その理由の一つがこれらの魔方陣かもしれない、
なんて考えちゃったりします。
(万一どっちかが東京移転したら、もう一方が傾くかも?と思うと、
魔方陣の効果確認のためにちょっと見てみたいけど…笑、冗談です)
トヨタはともかくPanasonicは、
裏でなんかゴニョゴニョやってる気がしてました。
浅草に行った時、門の大きなちょうちんに「松下電器」と書いてありました。
江戸っ子の聖地の中の聖地に、
関西系の名前がついてるのも軽い違和感がありましたが、
「東芝」「日立」など関東系のライバルを押しのけて、
(相当な金も積んで?)この名前を刻んだのかな、なんて想像しました。
聖地で行なうこんな行為は、単なる「宣伝」というより、
加門さんが言ってた「マーキング」に近いんじゃないでしょうか。
(自分達のニオイ(影響力)を聖地につけるって行為です)
今回の魔方陣に出てきた伊勢内宮にもPanasonicはこんなものを作ってます。
日本最強の神社に新しい建造物を作るなんて、
建設費の他に相当な金を積まなきゃ(part2、笑)
実現しないと思うんですが…
(神宮の灯かりも全部Panasonic製かもしれません、笑)
伊勢にもマーキングした疑いがある?なんて、
ちょっと不敬な想像です。
でももっと不敬な想像すれば「伊勢内宮」から見ると、
「Panasonic」(松下幸之助)は「京のやんごとなき場所」(高御座)と
“魔方陣的には”つりあう位置にいる事になります…って事は?
それくらいの気概が無きゃ世界的企業には、なれないんでしょうね。
加えてちょっと気づいたのが、このPanasonicの広大な敷地は、
「門真市」と思ってましたが、正確には半分以上「守口市」なんです。
それも守口市“八雲”って地名の場所です。
HPでも本拠地は「門真市」みたいに思わせてますが、
本社の位置は「八雲中町3丁目」だと思います。
名前からすると出雲系の土地みたいですが、
HPの印象ではそれをなんとなく隠してるみたいなイメージです。
それにしても伊勢 出雲 熱田 京都とか「ベタ」な場所と結びついてますよね。
もうちょっとオォッ!と驚くような聖地と結びついてたら面白いんですけど。
そういう意味では二社の「堅実経営」とそっくりかもしれません。

最後になりましたが、
唯一で最大の疑問が、
「誰がこの場所への移転を勧めたか?」です。
色々調べてくると、秘密のノウハウを駆使する
ウラの人々の存在をやっぱり感じずにいられません。
もともと「松下家」「豊田家」とつながりあったかはわかりませんが、
魔方陣に限らず、多方面のバックアップ×それぞれの努力の結果が、
2つの世界的企業の勃興?なんて話は陰謀論に傾きすぎでしょうか。
少なくとも四大財閥のひとつは魔方陣を駆使した本社の配置をしています。
21世紀になっても、おまじないのような事を
ホンキで信じてる証拠のひとつだと思うんですが。

たかが2つの二等辺三角形から、ずいぶん話が大きくなっちゃいましたが、
ある種の裏側の人々の存在無しには、
その国の驚異的発展は望めないんじゃないかと思い始めています。
例えばフリーメーソン「のようなもの」 客家「のようなもの」です。
そんなものが似合わない日本にも、そんな集団がいるかもしれない。
たった2つの三角形だけじゃなく、これまでの全部の魔方陣から、
そんな想像をしています。

わたしたちは「Panasonic」です
伊勢出雲大阪石清水伏見.jpg

別窓 | 魔方陣 |
PLUS「南の海の頂角」
日本の象徴的な中心は「やんごとなき場所」
中華人民共和国の象徴的な中心は「紫禁城」と個人的に考えています。
その2つの頂角になるポイントを探してみました。
ムラサキラインがそのラインです。
御所紫禁城.jpg

また政治の中心は「国会議事堂」「人民大会堂」と思い、
黄色い頂角ラインを引いてみました。
国会人民大会堂.jpg
もっと北へ延長させれば、北朝鮮も通ると思いますが、
ラインは韓国の北端から南端を突っ切るように走ってます。
(2本はほぼ重なっているので一本のラインに見えてます)
東京と北京を結んだラインも韓国の北端あたりです。
日中朝鮮半島.jpg
魔方陣的には、
まさに「韓国は日中のバランサー」って事になるんでしょうか?
(こんな事言ってたヘンテコリンな大統領がいたような…)

でも気になったのはもっと南の方です。
このラインは日本の陸地をどこも通らないようですが、
唯一接近するのがこの付近です。
宮古伊良部下地石垣島.jpg
伊良部島・下地島の西方17kmです。
でももうちょっと南方の海上が気になりました。
日中頂角×北京上海ライン.jpg
エメラルドグリーンのラインが走ってます。
このラインは北京の人民大会堂と、
上海の政治の中心と思われる「上海市人民政府」を
結んだラインを延長させたものです。
日中頂角×北京上海ライン.俯瞰jpg.jpg
ラインの交差地点は海上ですが、
付近の島々からそんなに遠くない位置にありました。
(と言っても70kmくらい離れています )
北京上海ラインが意味あるものなら、
沖縄のポイントの方が日本中国の頂角にふさわしいのかな?と思ったりします。
ここからだと東京へのライン周辺に沖縄本島、奄美大島など、
さらには喜界島があったりします。
沖縄本島奄美大島喜界島.jpg

※「東京への遷都は正式に行なわれていない」と言う話もあるようで、
いまだに日本の首都は「京都」という説もあるようです。
ちなみに京都(御所)と紫禁城の頂角は、
京都御所紫禁城.jpg
台湾スレスレ、朝鮮半島の北朝鮮側にあります。
日本の陸地はもちろん、領海も通らないかもしれません※

そんなに詳しくないですが、沖縄は時代時代によって
中華と日本の2つの方向に引っ張られてきたと聞いています。
現在でも中華が一番目をつけてる(狙ってる?)地域だと想像できます。
韓国も同じように日中のパワーゲームに影響受けてるようですが、
今回の魔方陣は、それを目に見える形で表してるようにも見えます。
また中国を「大陸」「台湾」の「2つの中国」と考えれば、
日本の首都 東京が頂角になりますが、
日本中国の首都「東京」「北京」の頂角は沖縄の海の上という
二重構造になってると(ひとり勝手に)想像しています。
「日本のお土はあがる」って予言が現実化するなら、
このあたりにある古代遺跡が浮上?なんて書くと、
リアリティが消えちゃうかもしれませんが、
この付近が日本国の一部って事が、
未来の日中関係で日本側の大きなプラスになるんじゃないか?と
あくまで“魔方陣的に”ですが、そんな予測をしちゃってます。
(沖縄の人は日本の為に生きてるわけじゃないし、
もう余計な面倒は背負いたくないかもしれませんが…)

南の海から東京へ北京へ
沖縄から東京へ北京へ.jpg

別窓 | 大本・日月・錦之宮 魔方陣 |
| ●PLUSWORLD●●くるくるエイジア● |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。